楽天岡島「優勝できるよう」恒例壮行式で決意表明

平石イーグルスが仙台からキャンプ地の沖縄・久米島へ出陣した。楽天は30日午前9時過ぎ、JR仙台駅の2階構内で恒例のシーズン壮行式を行った。

壮行式には平石洋介監督(38)、則本昂大投手(28)、西武からFA移籍の浅村栄斗内野手(28)ら主力選手10人が参加。集まった約700人のファンの前で激励の花束を受け取り、決意表明した。選手会長の岡島豪郎捕手(29)は「昨シーズンは悔しい思いをした分、今シーズンに懸ける思いはみんな持っています。必ず優勝できるように頑張ります」と、6年ぶりのV奪回を誓った。平石監督は「しっかり戦う集団になり、今年は勝つためにキャンプで心も体もしっかり準備してきます。開幕、そしてシーズンを楽しみにしてください。行ってきます」と力強く語り、拍手で送り出された。

首脳陣と選手、チーム関係者はその後、バスで仙台空港へ移動し、チャーター機で1次キャンプ地の久米島入り。明日2月1日からキャンプインし、同11日から沖縄・金武町で2次キャンプを行う。

このニュースの写真

  • JR仙台駅構内にファン700人を集めて行われた楽天のシーズン壮行式