ヤクルト寺原粘って新天地初勝利 中村リードに感謝

<広島2-6ヤクルト>◇11日◇マツダスタジアム

ヤクルトに新加入した寺原隼人投手が先発し、5回2/3を被安打5の2失点に抑え、新天地で今季初勝利を飾った。

今季2度目の先発マウンド。初回は3者凡退と上々のスタートを切った。2回以降は走者を背負いながらも、粘り強く投げた。直球の制球に苦しみながら、カーブやスライダーなど変化球でカウントを整えた。

6-0で迎えた6回、広島5番松山に2ランを浴び、その後さらに連打を許したところで降板した。「野手の方が前半、点を取ってくれたので、楽な気持ちで投げることができました。調子自体はよくなかったですが、(捕手)中村がいいリードをしてくれました。本塁打を打たれた場面では、自分で首を振って投げたので、首を振って投げる以上はしっかり投げないといけなかったです」と話した。

その他の写真

  • 広島対ヤクルト 広島打線を相手に力投する寺原(撮影・栗木一考)