「何をピンチだと思っているのか?」/辻監督

<日本ハム7-5西武>◇10日◇札幌ドーム

西武は乱打戦に敗れ、昨年5月以来1年ぶりの4連敗を喫した。先発多和田が援護を受けながらも、5回から突如崩れ、6回途中で降板。炎上のきっかけとなったのは5回、清水への四球。辻発彦監督のコメント。

「何をピンチだと思っているのか? 球の走りはよかったのに。もっと堂々と投げてくれればいいのに」