日本ハム岸里選手「自転車で下半身が鍛えられた」

<ジュニアベースボールクリニック>

プロ野球選手が少年少女、指導者へ向けてレッスンを行う「ジュニア・ベースボール・クリニック」、アドバイスをしてくれるのは、前回に続いて岸里亮佑外野手です。

 ◇  ◇  ◇

俊足で走塁が得意な岸里選手は、中学生の時に自転車で下半身が鍛えられたと言います。「自転車が好きだったので、トレーニングだと思ってよくこいでいました。通っていた中学校が山の上にあったので、通学では険しい坂も登っていました」。出身地・岩手のアップダウンの激しい道を毎日、自転車で通っていました。

途中には、角度のきつい登り坂が300メートルも続く“難所”があったそうです。サッカー部の生徒ですら、登り切ることができず、降りて手押ししている場所ですが、岸里選手はペダルから足を離さず、地面に足をつけることなくこいでいました。「今思うと、脚力のトレーニングになっていたと思います。今ある足腰の強さも自転車トレが生きている。練習前のウオーミングアップにもなるので取り入れてみましょう」。

◆北海道日本ハムファイターズ・ベースボール・アカデミー◆ 未就学児から小学6年生までを対象に、元プロ野球選手がコーチとなり、野球の基礎基本から1人1人にあった技術指導をしてくれる野球スクール。https://www.fighters.co.jp/academy/baseball/