ソフトバンク・ミランダ3勝目「ケガをしないこと」

<ソフトバンク4-2日本ハム>◇19日◇平和リース

ソフトバンク先発アリエル・ミランダ投手が4回2失点ながら5回降雨コールドのため今季3勝目を挙げた。

先発が5回を投げきらずに勝ち投手になったのは19年ぶり。雨でぬかるむマウンドで4回は2四球を出し3安打を浴び2失点。1点差に詰め寄られなおも1死満塁のピンチだったが「低めに集めること、ケガをしないこと、滑らないことを気をつけた」と丁寧に攻め、大田を捕邪飛、近藤を二直に切り抜けた。4回まで毎回走者を背負い、82球を費やして降板したが「チームの勝利に貢献できてうれしいよ」と試合後はご機嫌だった。

その他の写真

  • ソフトバンク対日本ハム 4回表日本ハム2死満塁、近藤を二直に仕留めたミランダは気合の入った表情を見せる(撮影・梅根麻紀)