武田翔太「なぜ空振り…」悪条件好投で復活のヒント

<ソフトバンク4-2日本ハム>◇19日◇平和リース

ソフトバンク2番手武田翔太投手が5回に登板し、無失点に抑えセーブを挙げた。18年9月1日楽天戦以来通算2個目。先頭中田に左安打を許したが、王柏融、渡辺、平沼と3者連続三振を奪い、そのまま降雨コールドとなった。

「下がヤバかったのが逆によかった。今日は左足をゆっくりと着いた。投げていてなぜ空振りをするんだろうと思った。いい感覚があったので次に生かしたい」と、雨で足場の悪いマウンドで復活へのヒントをつかんだ。

その他の写真

  • ソフトバンク対日本ハム 5回に登板した武田(撮影・梅根麻紀)