与田監督が初の直接鼓舞奏功!9回窮地も併殺で勝利

<中日5-4巨人>◇19日◇ナゴヤドーム

中日与田剛監督が就任後初めてマウンドに向かった。1点差に詰め寄られての9回1死一、三塁。一打同点の場面で、ベンチから飛び出した。「みんな後ろで守ってくれている。やられるか、抑えるか。2つに1つ。思い切ってやってこい」と、鈴木博と松井雅の肩をたたいて鼓舞。直後に巨人の主砲岡本を二ゴロ併殺に打ち取り、勝利をもぎ取った。

溝脇を今季初スタメン、福田もプロ入り初2番起用など今季最多タイの14安打。封印を解いた指揮官もヒーローの1人だった。

その他の写真

  • 試合終了、鈴木博志とタッチを交わす与田監督(撮影・森本幸一)