阪神近本が山田哲刺した!「勝負になる」鮮やか送球

<阪神3-2ヤクルト>◇22日◇甲子園

阪神のルーキー近本光司外野手が走攻守にわたって勝利に貢献した。

守備ではビッグプレーは、1-1の5回だった。2死二塁から雄平の中前打にチャージ。二塁走者は山田哲だったが「しっかり捕って、しっかり投げれば勝負になる」と冷静だった。マウンドの傾斜をうまく越えて、本塁へワンバウンドのストライク送球。これで5補殺目。リーグトップに君臨している。「練習で意識して取り組んだのがよかった」と胸を張った

先発岩田が再三のピンチをしのいでいた。清水ヘッドコーチも「でかかった。まして山田くんを刺せたのは本人の自信になる」と手放しでほめた。

1番打者の役目も果たした。初回に二塁内野安打で出塁すると二盗に成功。左前打で出た5回は2死一、二塁から三盗(重盗)を決めチャンスを広げた。「自分の役割で言うと、塁に出て、投手に重圧を与えられるようにやっていきたい」。3度目の「マルチ盗塁」で13盗塁。こちらはこの日でリーグ単独トップに立った。中日大島、ヤクルト山田哲のタイトル経験者を抜き去っての単独1位を伝えられると「ありがとうございます」と、にっこり笑った。

7回には決勝点につながる送りバントを成功。打撃の調子はよくなかった。試合前にメンタル面の助言をしたという矢野監督は「前を向いてという気持ちは持ってやってくれている。今日みたいなプレーをどんどんやってくれたら。バックホームも見事。近本がかき回した部分もあったと思う」と陰の殊勲者に挙げた。【柏原誠】

その他の写真

  • 阪神対ヤクルト 1回裏阪神無死、二塁盗塁を決める近本(撮影・前田充)