ソフトバンク明石が痛恨失策「キャッチしたかった」

<西武7-3ソフトバンク>◇22日◇沖縄セルラー那覇

ソフトバンク明石健志内野手が決勝点となる適時失策を悔やんだ。

4回、同点に追いつかれなお2死二、三塁の場面で秋山の強いゴロが二塁ベース寄りに飛んだ。土のグラウンドでイレギュラー気味の打球に、二塁明石ははじいて捕球できなかった。「(打球は)跳ねたのは跳ねたけど、勝負したいところだった。キャッチはしたかった」と振り返った。