「負けるべくして負ける試合」/小川監督

<日本生命セ・パ交流戦:西武10-6ヤクルト>◇16日◇メットライフドーム

ヤクルトは自滅で連勝を逃した。3点を追う5回、先発高橋が崩れた。9番金子侑、秋山に8球連続ボールで連続四球。犠飛で失点した後に交代した2番手五十嵐も2四死球と制球が定まらず、失策と犠飛で2点を献上した。この回は無安打ながら、3失点。投手が流れを手放して敗れた。小川淳司監督のコメント。

「ノーヒットで3点取られ、負けるべくして負ける試合。こういう試合をしていたら連勝できない」