巨人マシソン1軍登録抹消へ 最短10日で復帰視野

巨人スコット・マシソン投手(35)が19日、出場選手登録を抹消されることが決まった。

18日のオリックス1回戦(東京ドーム)の8回に登板。先頭の福田の投前へのセーフティーバントを処理。次打者の代打小島に2球目を投げた直後に右足に違和感を覚え、途中降板した。宮本投手総合コーチによれば重症ではないようで、1軍に同行し、最短10日での復帰も視野に入れる。

マシソンは昨年8月に左膝を手術。同年12月にはエーリキア症に感染し、来日が3月に遅れたが、交流戦開幕の4日楽天戦から1軍に合流した。今季は5試合に登板し、防御率は0・00だった。

マシソンに代わって、右肘痛から復帰したライアン・クック投手(31)が、この日から1軍に合流した。