オリックス借金10逆戻り、西村監督「自分の責任」

<日本生命セ・パ交流戦:巨人4-2オリックス>◇20日◇東京ドーム

オリックスは接戦の末に敗れ、借金は再び「10」に逆戻りした。

同点の8回。先発K-鈴木が2死から連続四球で一、二塁のピンチを招き、丸を迎えたところで降板。2番手近藤が丸に右越えの決勝2点適時三塁打を許した。

西村徳文監督は「(K-鈴木は)あそこまでよく投げてくれた。申し訳ないことをしてしまった。(継投は)自分の責任」と落胆した。観戦した宮内オーナーは試合後、報道陣の問いかけにも「ノーコメント」の一点張り。この日の敗戦で交流戦Vは消滅した。

その他の写真

  • 巨人対オリックス 6回裏巨人2死一塁、丸佳浩に同点の2点本塁打を浴びるK-鈴木(撮影・たえ見朱実)