井口監督9回逆転走者に「かえって来てほしかった」

<日本生命セ・パ交流戦:広島7-6ロッテ>◇20日◇マツダスタジアム

ロッテは最大6点差から同点まで追い上げるたが、サヨナラ負けした。

6点を追う7回に4点を返し、8回には代打清田の適時打で1点差。9回2死二、三塁、藤岡の打球は遊撃後方に落ち同点としたが、外野は前進守備で、逆転の二塁走者は三塁ストップ。結果的にだが、左翼手の本塁送球は一塁側にそれていた。

井口資仁監督は「同点まで行きましたし、あそこで引き離したかったけどできなかった。二塁走者にかえって来てほしかった」と話した。

その他の写真

  • 広島対ロッテ 7回表ロッテ無死一、三塁、岡大海の中犠飛で生還する井上晴哉を出迎える井口資仁監督(撮影・栗木一考)