松坂6回7安打3四死球2失点 最速は139キロ

右肩炎症からのリハビリを進めている中日松坂大輔投手(38)が21日、ウエスタン・リーグ広島戦(ナゴヤ)に先発し、6回を被安打7、2奪三振3四死球2失点で降板した。直球の最速は139キロ。今回メドにしていた投球数80~100を超え、108球でマウンドを降りた。

強烈な日差しを浴び、追い風で変化球の曲がりも悪い中でのマウンド。「今日は序盤からあまり体に力が入らないというか、全体的にどうにもならないなと思いながら投げていました。ナゴヤ球場の洗礼を浴びたんだと思います」と苦笑い。「どれも頼りにできるボールがなかった。いつもよりコースだったり打者との駆け引きやタイミングを考えながら投げました。うまくできたのかどうかは分からないですけど…」と振り返った。

実戦復帰3戦目。序盤から緩急を使い、コーナーを突きにかかった。1回は2四死球で2死一、二塁とされるが、5番坂倉をチェンジアップで遊ゴロに仕留める。2回は1死からドラフト1位根尾の遊ゴロ失策から2死満塁のピンチを招いたが、最後は2番庄司から見逃し三振を奪った。「(根尾には)どんまいって言いました。エラーはついたけどバウンドが難しかったと思う。結果的にエラーになったけど、あの走者だけはかえさないように、と。いつも通りですね」。

ただ、3回は先頭3番小窪に死球を与えると、1死一塁から3連打を献上。1死満塁から7番正随の中前適時打で先制を許した。4回はこの日初めて3者凡退に。だが、5回1死三塁から6番サンタの中前適時打で2点目を奪われた。6回は3者凡退に仕留め、6回裏の攻撃で代打を送られた。

前回14日ウエスタン・リーグ阪神戦(甲子園)では4回1失点。今回は交流戦明けの1軍復帰に向けて、試金石となるマウンドだった。2日前の19日には「チームのためになるのであれば、どのポジションでも力になれるようになりたい」と中継ぎでの1軍復帰も辞さない覚悟を明かしていた。

試合後は1軍復帰に向けて準備はできたかと問われ「僕としては言われれば。言われなければ来週(以降)また(2軍)投げると思いますけど」と表現した。