日本ハム・マルティネス「夢を持ち続けて挑戦を」

<ジュニア・ベースボール・クリニック>

プロ野球選手が少年少女、指導者へ向けてレッスンを行う「ジュニア・ベースボール・クリニック」、アドバイスをしてくれるのは前回に続いてニック・マルティネス投手です。

 ◇  ◇  ◇

マルティネス投手は小さい頃からプロ野球選手になることが夢でした。「中学生の時に長距離を走る陸上のクロスカントリーをやっていましたが、それ以外は野球しかやっていなかった。理由はシンプルで、将来、プロ野球選手になりたかったから」。

その夢をあきらめず、自分を信じ続けたからこそ、今のマルティネス投手がいます。「一番大事なのは夢を持ち続けること。そしてあきらめないこと。大人になっていくにつれて夢を諦めてしまうことが多いからね。自分を信じて何事にもチャレンジしてほしい。野球でも、それ以外の夢でも、自分はできるとポジティブに思い続けること。プロ野球の世界でも、技術より気持ちの部分が大事です。夢を持ち続けて、それに向かって挑戦し続けてほしいね」。

◆北海道日本ハムファイターズ・ベースボール・アカデミー◆ 未就学児から小学6年生までを対象に、元プロ野球選手がコーチとなり、野球の基礎基本から1人1人にあった技術指導をしてくれる野球スクール。https://www.fighters.co.jp/academy/baseball/