阪神北條「最後に近本」2死から安打でV弾お膳立て

<阪神5-2ヤクルト>◇21日◇甲子園

阪神北條史也内野手が近本の決勝弾をお膳立てした。1点を追う5回、2死走者なしから先発山中の低め直球に食らいついて三遊間を破った。その後に投手西が安打で続き、近本の3ランにつながった。

「西さんが打ってくれて、最後に近本が打ってくれた」。5戦ぶりのスタメン起用で途中交代はなし。「最後まで出て(勝利の)ハイタッチをするのは気持ちいい」と喜んだ。

その他の写真

  • 阪神対ヤクルト 2回表ヤクルト1死一塁、太田賢吾を遊ゴロ併殺に仕留め遊撃手北條史也(左)とタッチを交わす西勇輝(撮影・清水貴仁)