オリックス佐竹コーチに厳重注意と制裁金15万円

プロ野球の斉藤惇コミッショナーは14日、オリックス佐竹学外野守備走塁コーチ(44)に厳重注意と制裁金15万円を科した。

佐竹コーチは13日の西武-オリックス19回戦(メットライフドーム)で西武森脇への暴力行為で退場処分を受けた。また、オリックス西村徳文監督(59)と西武辻発彦監督(60)に注意を科した。

14日の同カード試合前にNPB友寄審判長と両監督で約20分間話し合いの場がもたれた。西村監督は「(辻監督から)あれだけの死球があって申し訳ないと言っていただいた。こちらとしては事を大きくすることはないです」と言及。辻監督は「おわびをしただけです。ファンが見ている中でお互いにこんなことは嫌だと」と語った。