中日梅津、近藤真一超え新人初登板4連勝へ自然体

球団新記録で鬼門突破へ。中日ドラフト2位・梅津晃大投手(22)が10日の広島戦(マツダスタジアム)に先発する。

3日巨人戦で白星をあげ、ここまで今季3戦3勝。新人初登板から4戦4勝となれば、近藤真一を超え、球団初の快挙となるが「自分は黙々と目の前のことをしっかりやっていきたい」と冷静だ。この日はナゴヤドームの投手練習で調整。チームは6連勝中で重圧のかかるマウンドになるが、「新人らしく思い切って投げるだけ」と落ち着き払っていた。

3位広島とは4ゲーム差。大逆転CS進出へ、今季7戦7敗の鬼門マツダスタジアム突破を託される。初のマツダ登板に向けて「ファンは熱狂的だけど、気にしすぎないようにしたい」と自然体を強調した。相手先発は大瀬良。「日本のエースに近い存在。そういう投手と投げ合えるのは光栄だし、楽しみ。それぐらい気負うことなく、野球少年のような気持ちで試合を楽しみたい」。爽やか笑顔のイケメンが歴史を塗り替えにかかる。

その他の写真

  • 中日投手練習 ランニングをする(左から)梅津晃大、山本拓実、小笠原慎之介、阿知羅拓馬(撮影・森本幸一)
  • 中日投手練習 ノックを受ける梅津晃大(手前)後方・左から阿知羅拓馬、山本拓実、小笠原慎之介(撮影・森本幸一)