西武多和田が頻脈性不整脈、通院での治療に専念

西武は10日、多和田真三郎投手(26)が頻脈性不整脈と診断され、通院での治療に専念することを発表した。

体調がすぐれないため、9月に入ってから都内の病院で診察を受けていた。