西武秋山、難敵千賀打ち「チームとして戦い抜いた」

<西武2-3ソフトバンク>◇12日◇メットライフドーム

西武主将の秋山翔吾外野手が最後に千賀を捉えた。8回2死一塁で、フォークをとらえ右中間を真っ二つ。

適時二塁打となった。7回まで攻めあぐねた難敵を打ち、完封を阻止。あと1歩のところまで追い詰める初手の一打となった。「最後チームとして戦い抜いた感じがあった。それが大事。明日以降相手が代わっても、重い雰囲気がなく戦える」とチームの一体感を感じていた。

その他の写真

  • 西武対ソフトバンク 8回裏西武2死一塁、適時二塁打を放つ秋山。投手千賀(撮影・狩俣裕三)