阪神望月「感謝しかない」引退横田に捧ぐ無失点投球

<阪神3-0DeNA>◇22日◇甲子園

阪神望月惇志投手が4回途中3安打無失点と踏ん張った。「球数をかけすぎて、攻撃にリズムを持っていくことができなかった」と早い降板を反省。この日は通常の登場曲ではなく、横田の登場曲だったゆずの「栄光の架橋」を使用した。

「今日は横田さんのためにも、いいピッチングをしないといけないと思った。そういう意味で横田さんの曲をお借りしました。寮でもすごく良くしてくれましたし、優しい方で本当に感謝しかないですね」と、お世話になった先輩にささげた。

その他の写真

  • 阪神対DeNA 2番手で登板し、後続を抑えた能見(右)をベンチ前で出迎える望月(撮影・上田博志)