巨人阿部のラストラン「普段通りに」集大成披露誓う

現役最後のガチンコ勝負だ。今季限りで引退する巨人阿部慎之助捕手(40)が積み上げてきたすべての経験をぶつける。

第1戦は「5番DH」でのスタメン出場が決定的。6年ぶりの日本シリーズに向け「ゲームに出ても出なくても、チーム全員が悔いの残らないように。最後に勝つんだと思ってやる」と話した。

ヤフオクドームでの公式練習では丁寧に広角に打球を打ち分け最終調整した。CSファイナルステージ前日と同様、1~3軍の全選手、スタッフが「THE LAST RUN」とプリントされた阿部Tシャツを着用。結束を高めた。前回の黒からカラーチェンジし「ありがたい。今日は白だったね」と阿部本人もニヤリ。坂本勇の直筆で「恩返し」の文字もプリントされ士気も高まった。

泣いても笑っても、最大7試合の大勝負となる。「監督が言っていた。短期決戦だけど、短いようで長い。1つ2つ負けても落ち込まず、日々新たな気持ちでやればいい。やってきた以上のことはなかなか難しい。普段通りが大事」。集大成を披露する。【為田聡史】

その他の写真

  • 打撃練習を行う阿部慎之助(撮影・梅根麻紀)