侍ジャパン、主要国際大会の決勝進出は10年ぶり

<プレミア12:韓国7-3メキシコ>◇スーパーラウンド◇15日◇東京ドーム

試合のなかった侍ジャパンが、韓国のメキシコ戦勝利により決勝に進出した。

前回覇者の韓国は2大会連続で決勝進出。16日の日本-韓国戦で勝者は4勝1敗となり、スーパーラウンド(R)1位。敗者は3勝2敗でメキシコと並ぶが、直接対決で勝っているため2位となる。主要国際3大会(五輪、WBC、プレミア12)で、日本の決勝進出は09年WBCの韓国戦(5-3で勝利)以来10年ぶり。

▼メキシコはスーパーR3位が確定。3位決定戦の相手は今日16日の台湾-オーストラリア戦でオーストラリア○ならオーストラリア、●なら米国となる。

その他の写真

  • 韓国-メキシコ戦を視察する稲葉監督(上)。下段左は井端コーチ、右は清水コーチ(撮影・加藤哉)