楽天森原「1イニングで2つ」奪三振率10点台目標

楽天森原康平投手が「奪三振マシン」を目指す。3年目の今季はセットアッパーに定着し、自己最多の64試合に登板。チーム最多の29ホールドを挙げた。

さらなる飛躍へ、来季の目標に、今季は9・14だった奪三振率10点台を掲げた。「1イニングで最低1つ、できれば2つ三振をとりたい」。チームで今季20試合以上登板した投手では松井、高梨がクリアした数字を求め、救援陣の柱となる。