巨人山口、ポスティングで米挑戦表明「新たな挑戦」

巨人山口俊投手(32)が18日、都内で原辰徳監督(61)、今村司社長(59)とともに会見を行い、今オフにポスティングシステムを利用しての大リーグ移籍を目指すことを表明した。

会見の冒頭、山口は「このたび私の夢でもありましたアメリカ大リーグに挑戦させていただくことになりました。原監督、コーチの方々、チームメート、ファンの方々に感謝申し上げます。これからは新たな挑戦に向かってより一層精進していきたいと思います」とあいさつ。

今村社長は「読売巨人軍は山口選手の夢を尊重します」と話し、容認に至った経緯を説明。16年にFA移籍で加入した際に、時期を確定しない上で、本人が希望した場合は同システムを利用しての海外移籍を認めていたという。

原監督は「大黒柱である山口俊投手の門出の日。門出を祝すつもりで来ました」と話した。

巨人が同システムで大リーグ移籍を認めた前例はなく、初の事例になった。

山口は今季は開幕からローテーションの柱として活躍し、最多勝(15勝)、最高勝率(7割8分9厘)、最多奪三振(188個)で投手3冠に輝いた。クライマックス・シリーズ(CS)ファイナルステージ、日本シリーズでともに開幕投手を務め、腰痛で離脱した菅野を欠いた投手陣をけん引。シーズン終了後は侍ジャパンの一員として、プレミア12に出場した。