ロッテ平沢320万円減「大地さん追い越せるよう」

ロッテ平沢大河内野手(21)が19日、契約更改に臨み、320万円減の2300万円でサインした。「昨年より成績は落ちているので、そこはしっかり評価してもらった。でもいいところはいいところで評価してもらえた感じですね」と話した。

昨季は112試合に出場し、2割1分3厘だったのに対し、今季は51試合に出場し、打率1割9分8厘にとどまった。正遊撃手藤岡の離脱などもあったが、定位置をつかみきれなかった。「チャンスはもらいましたし、そこで生かし切れなかったのは僕自身の実力の無さ」と反省しつつ「自主トレなど、12月、1月で差をつけて頑張っていきたい」と意気込んだ。

選手会長の鈴木大地内野手(30)が国内FA権を行使し、楽天へ移籍することが決まった。「ずっと引っ張ってもらった。その背中を見てきているので、大地さんを追い越せるようにしたい。(球団からは)『チームリーダーとして球団の将来を引っ張ってほしい』と言われたので、その意識を持って頑張っていきたい」と力を込めた。(金額は推定)

その他の写真

  • 契約更改を終え、写真撮影に応じるロッテ平沢(撮影・久永壮真)