阪神大山「2月1日マックスで」早い仕上げ心掛ける

  • ノックを受ける大山悠輔(左)と梅野隆太郎(撮影・上田博志)
  • 外野をダッシュして体を温める大山悠輔(左)(撮影・上田博志)

阪神大山悠輔内野手が16日、2年連続で沖縄での自主トレに参加した。開幕が早まる今年は、例年より早い仕上げを心がける。

「2月1日にマックスで動けるようにしないと。やっぱりアピールしないといけない立場なので、そういった危機感というのはあります」。昨季は開幕4番を務め初の全試合出場を果たしたが、新助っ人の入団でレギュラー争いは激しくなる。「(今までと)違うというところを見せないといけない」。危機感を胸に南国の地で鍛錬を積む。