稲葉監督 いじめの過去 父に救われ開いた野球の道

  • 全日本大学野球連盟監督会で講演を行う侍ジャパン稲葉監督(右端)(撮影・河野匠)

すべての出会いが金メダルへの道に通ずる。侍ジャパン稲葉篤紀監督(47)が17日、横浜市内での全日本大学野球連盟監督会で約150人の監督を前に講演を行った。「人との出会い」をテーマに、いじめから救ってくれた両親の背中に学び、ヤクルト野村監督ら歴代仕えた指揮官に教えを受け、現在の野球観が備わったことを明かした。47年の人生で紡いだ1つ1つの物語が、東京五輪での悲願成就への力になる。

前へ 1 2 次へ