中日元監督の高木守道さん死去 昨年末は元気な姿も

  • 犠打を試みる高木守道(79年撮影)

中日元監督の高木守道さんが17日、心不全のため死去した。78歳だった。現役時代は中日の名二塁手として活躍し、バックトスやグラブトスなどを度々披露した。1963年、65年、73年と3度の盗塁王に輝く俊足に加えて、打撃では69年に24本塁打するなど通算236本塁打をマークした。

引退後はコーチ、監督を歴任した。91年オフに星野仙一氏の監督辞任を受け、後任として監督に就任した。94年は巨人と同率首位となり、この年の最終戦で勝った方がリーグ優勝という日本プロ野球史上に残る「10・8」決戦を迎えたが、結果的に長嶋茂雄監督率いる巨人に敗れた。

昨年12月には立浪和義氏の殿堂入りパーティーに出席するなど、元気な姿を見せていた。

◆高木守道(たかぎ・もりみち)1941年(昭16)7月17日生まれ、岐阜県出身。県岐阜商から60年中日入団し、俊足巧打、好守で球界を代表する二塁手として活躍。二塁手でのベストナイン7度は最多タイで盗塁王3度(63、65、73年)、ダイヤモンドグラブ賞3度(74、77、79年)。77年にはプロ野球タイとなる4打数連続本塁打。80年引退。通算2282試合、2274安打、369盗塁はいずれも中日球団2位。現役時代は174センチ、72キロ。右投げ右打ち。中日監督として、92~95年途中、12~13年に指揮を執った(ほかに86年に監督代行)。06年殿堂入り。