斎藤佑樹「世界一の球団に」引退後も日本ハム愛貫く

  • 北海道胆振東部地震の被災地を訪れ説明を受ける日本ハム杉谷と斎藤(右手前)(撮影・佐藤翔太)

日本ハム斎藤佑樹投手(31)が、生涯ファイターズ愛を宣言した。25日、東日本大震災の復興支援の一環で北海道・厚真町の小学校を訪問。夢をテーマにした授業では教壇に立ち「ファイターズが世界一の球団になること」が夢だと告白。現役引退後も、ファンとしてファイターズ愛を貫くことを明かした。10年目のシーズンを前に、胸に秘めていた思いを再確認した。

   ◇   ◇   ◇

子どもたちに負けない、きらめく瞳を放っていた。斎藤がホワイトボードに書き記した夢は「ファイターズが世界一の球団になること」。夢をテーマに立った教壇で、小学6年生の熱視線に応えるように語り始めた。

斎藤 世界中の人たちがファイターズの選手を見て、ファイターズの試合を見たいなと思ってもらえるように。球場を、最高のエンターテインメントにしたりすることも大事だと思います。まずは選手として、今年チームが優勝するために頑張りたいです。

プロ10年目で見せた覚悟だった。隣にいた杉谷からは「現役を引退後は、どういう位置でファイターズを世界一にするんですか?」と児童の思いを代弁された。斎藤は「深い話になって、すみません」と笑顔で前置きして、ファイターズ愛を誓った。

斎藤 球団を経営する側になっても、監督やコーチになっても、ファンになっても。どの立場に立っても、ファイターズを支えていきたい。その時は、みんなも力を貸してください。

背水の立場でも、変わらない愛を抱いてきた。入団後から試練は続き、昨季は未勝利。それでもファンの温かい声援、思いを尊重してくれる球団に感謝は増している。いつしか先発へのこだわりを封印し、チームの勝利を優先するようになった。調整が難しいとされている、昨季導入した投手起用法「ショートスターター」で活路を見いだし、力になろうと決めた。軸にある「ファイターズのために」という思いは、現役を退いても貫いていく。

今なお深い傷痕が残る光景に、決意を新たにした。北海道胆振東部地震で被災した厚真町で、復興支援イベントに参加。降雪の中、広範囲にわたる土砂崩れの様子を目に焼き付けた。「みんなの笑顔を見て、前に進んでいるんだなと感じました。2020年、ファイターズが日本一になるために精いっぱい頑張ります」。生涯ファイターズを胸に刻み、球春を迎える。【田中彩友美】

<日本ハム一筋を貫いた主な選手>

◆岡持和彦 東映時代の70年に入団。主に外野の控えとして88年まで19年プレーし、通算1218試合に出場。引退後は1、2軍の打撃コーチを務めた。

◆菅野光夫 75年入団。内野のユーティリティープレーヤーとして85年まで11年在籍し、通算1009試合に出場。引退後はコーチを務めたほか、05年からは鎌ケ谷の「勇翔寮」で寮長を務めた。

◆五十嵐信一 78年入団。内外野こなすマルチプレーヤーとして96年まで19年在籍し、通算1069試合に出場。引退後は2軍監督、コーチ、スコアラーなどを務め、現在は球団の査定担当。

◆田中幸雄 86年入団。07年まで22年プレーし、球団最多の通算2238試合に出場した「ミスターファイターズ」。引退後は1、2軍の打撃コーチ、2軍監督を務めた。

◆金子誠 94年入団。14年まで21年プレーし、通算1996試合に出場。引退後もコーチを務め、今年も1軍の野手総合コーチとして在籍27年目。