DeNAオースティン「まだ時差ボケ」5時に起きた

  • パットン(左)が見つめる中、マシン打撃を行うDeNA新外国人のオースティン(撮影・鈴木正章)

DeNA期待の新外国人タイラー・オースティン内野手(28=ブルワーズ)が26日、横須賀の球団施設「DOCK」で始動した。ティー打撃やマシン打撃で、体の感覚を確かめた。

25日午後着の航空機で来日したばかりのオースティンは「まだ時差ボケで今朝は5時ころに起きちゃったよ」と笑顔。1球1球、入念にスイングし「今日は体の感覚を確かめるだけ。いいスイングもできたよ」と明るい表情で話した。