佐々木朗希、マスク着けてキャンプ地の石垣島へ出発

ロッテのドラフト1位、佐々木朗希投手(18=大船渡)らが26日、春季キャンプ地の沖縄・石垣島へ出発した。

2月1日のキャンプインに備え、27日からの5日間の自主トレで亜熱帯の気候に体を慣らす目的があり、若手選手を中心に23選手が先乗りする。井口資仁監督(45)らも同行した。

佐々木朗は球団統一のグレーのストライプスーツ、紫のネクタイ姿で空港に姿を見せた。他の選手同様、マスクをつけて搭乗した。