ソフトバンク上林「迷いなく」連続適時打で2打点

  • オリックス対ソフトバンク 3回表ソフトバンク無死一塁、上林誠知は中越えに適時三塁打を放つ(撮影・梅根麻紀)
  • オリックス対ソフトバンク 3回表ソフトバンク無死一塁、上林は中越えに適時三塁打を放つ(撮影・渦原淳)

<オープン戦:オリックス4-10ソフトバンク>◇23日◇宮崎市清武SOKKENスタジアム

3番右翼でスタメン出場のソフトバンク上林誠知外野手が、2打数2安打2打点の活躍を見せた。

初回に四球を選ぶと、3回に中越え三塁打、5回に右前打と連続適時打をマーク。「打ち方を決められたので、自分との勝負ではなく、相手投手との勝負ができた」。紅白戦2戦連続無安打も3戦目の20日紅白戦で1安打。この日は「迷いなく打席に立てた」ときっかけをつかんだようで、今後の実戦で安打量産を予感させた。