山本由伸「横の間などを調整しつつ」37球

オリックス山本由伸投手(21)が24日、ブルペン投球で調整した。捕手を座らせて37球。若月を相手にボールの軌道や投球感覚を確かめた。

「横の間(ま)などを調整しつつです。足を上げてから投げるまでの絶妙な、難しいところ。しっかり、試合の準備ができました」

次回は27日ロッテ戦(練習試合)で登板予定。シーズン開幕に向けて状態を上げていく。