広島モニュメントスクエアお披露目 佐々岡監督笑顔

  • 広島 球団創設70周年を記念して作られたモニュメントスクエアの除幕式に出席した佐々岡監督ら(撮影・加藤孝規)

広島は15日、球団創設70周年を記念して建設された「モニュメントスクエア」のお披露目式を行った。

1950年(昭25)から19年まで、各年度ごとの監督、コーチ、選手、成績が記された銅板モニュメント70枚が広島駅からマツダスタジアムへつながるカープロード沿いに設置された。式典に参加した佐々岡監督は「もともとカープファンだったのもあるし、僕の担当だったスカウトの名前もあって、懐かしかった。みんな喜ぶんじゃないかな」と笑顔だった。

各年ごとの銅板の他に、広島の永久欠番になっている山本浩二氏、衣笠祥雄氏、黒田博樹氏の記念プレートも飾られている。式典には長谷部稔OB会名誉会長、元監督の阿南準郎氏、OBの外木場義郎氏、安仁屋宗八OB会長、大野豊OB副会長、前監督の緒方孝市氏、OBの前田智徳氏らが参加した。