中日15人が感染の阪神伊藤隼と接触、専門医判断へ

中日加藤宏幸球団代表(61)は28日、阪神3選手が新型コロナウイルスに感染していたことを受け、1、2軍の選手、スタッフから当該選手との接触の有無や内容などの聞き取り調査を行ったことを明らかにした。

20日から22日までナゴヤ球場で行われた阪神との2軍練習試合で、新型コロナウイルスに感染していた伊藤隼太外野手(30)と接触した選手、スタッフが15人いたことを確認。濃厚接触者に該当するか否かは、アドバイスを受けている専門医に判断を委ねる方針という。

加藤代表によると、伊藤隼とグータッチや、短い会話を3日間続けて行ったケースも確認されたが「我々で、どのケースを濃厚接触とするのかといった判断は難しい」と説明。嗅覚、味覚に異常があるケースも申告するよう通達したが、現時点で報告はないという。同代表は「最終接触日が22日で(潜伏期間が)2週間とすると来週の月曜日ぐらいまで注意しないといけない」と話し、専門医の判断を待って対応を決める。また、2軍練習試合で使用したナゴヤ球場の消毒作業は30日に行うことも明らかにした。