支配下登録のロッテ和田、代走出場で脚力アピール

  • 練習試合ロッテ対日本ハム 7回裏ロッテ2死、三振に倒れる和田(撮影・横山健太)

<練習試合:ロッテ5-5日本ハム>◇2日◇ZOZOマリン

1日に支配下登録されたばかりのロッテ和田康士朗外野手(21)が、さっそく1軍練習試合に出場した。

真新しい背番号63のユニホーム姿で登場したのは5回裏。2死から2番角中が四球で出塁し、代走に起用された。リードを大きめに取り、初球から走った。

3番鳥谷が外野への飛球を放ち、ヒットエンドランの形となった。スタートから二塁を踏むまでのタイムは、手動計測で2秒62。50メートル5秒8の脚力を存分に見せ、センター松本が捕球して3アウトになっても、三塁、本塁としっかりしたストライドで駆け抜けた。

7回の打席では鈴木遼の直球に空振り三振に倒れたが、今後の練習試合でもアピールの機会がありそうだ。