オリックス「珍打」で先制、左翼手が打球捕り損ねる

  • 西武対オリックス 1回表オリックス無死、二塁打となった宗(手前)の打球を後逸し三塁へ進塁を許す左翼手スパンジェンバーグ(撮影・江口和貴)

<西武9-5オリックス>◇2日◇メットライフドーム

オリックスが「珍打」でラッキーな先制点を奪取した。1番に入った宗佑磨外野手(24)がライナーで左前に運ぶ。ここまではありふれた光景だ。だが、左翼を守るスパンジェンバーグがバウンドに合わせ損ね、高くはずんだ白球は無情にもふわりと頭上を越えていった。これを見て宗は二塁へ。だが、スパンジェンバーグはフェンスに向かって転がっていく白球をあわてたのか捕り損ねる失策で、これを見て宗は一気に三塁を陥れた。本来なら無死一塁だったはずが、期せずして無死三塁になった。

直後に、打撃不振の大城が一塁線を破る適時打で先制。今季初打点をマークした大城も「先制点のチャンスでしたし、ランナーをかえすことだけ考えて打席に入っていました。外寄りの変化球でしたが、なんとかタイムリーになってくれてよかったです」と話した。「棚からぼた餅」の勢いに乗って、さらにT-岡田の犠飛で加点し、初回から幸先よく2点を先制した。