好調のヤクルト西浦が2本塁打「入って良かった」

  • ヤクルト対広島 4回裏ヤクルト無死二塁、西浦(左)は左越えに同点2点本塁打を放ち、(右へ)村上、山崎の祝福を受ける(撮影・小沢裕)

<ヤクルト9-5広島>2日◇神宮

ヤクルト西浦直亨内野手が1試合2本塁打をマークし、村上のサヨナラ弾につなげた。

まずは4回無死二塁で九里から3号2ラン。さらに7回2死で左腕フランスアの高め直球を捉える4号ソロ。いずれも左中間席へのアーチで、追う展開を2度もふりだしに戻す“同点弾”だった。「球に力がある投手なので力負けしないように、しっかりと自分のスイングを心掛けました。入ってくれてよかった」。前日から2戦3発と大技で打線を支えている。