巨人原監督「非常に良かった」菅野完封&坂本好打

  • 巨人対中日 今季初完封勝利を飾った巨人菅野(撮影・たえ見朱実)
  • 巨人対中日 6回裏巨人1死、先制の左越えソロ本塁打を放った坂本(手前左)をエアグータッチで出迎える原監督(後列右から2人目)ら(撮影・滝沢徹郎)

<巨人5-0中日>◇3日◇東京ドーム

エースが投げ、キャプテンが打つ。巨人は菅野智之投手が1安打完封、6回には坂本勇人内野手に先制2号ソロが飛び出すなど、完勝で首位を守った。

原辰徳監督は菅野の完封について「相手投手も素晴らしいピッチングでしたが、自分のペースを崩すことなく、今日に関しては投げ勝ってくれたと思いますね」と評価。「今日は真っすぐ自体が非常に良かったと思いますね。大城という捕手でね、ワンパターンにならず、工夫しながらやった。リードも非常に良かったと思いますね」と言った。

7回1死までは無安打投球を続けたが「私の仕事はチームを勝たせるということが一番の仕事なので、そういうのは頭の片隅にもありませんでした」と大記録よりもチームの勝利に集中。

坂本の本塁打には「難しいボールだと思います。相手投手と、相性という点では、私の記憶の中ではとても良く、その分上回ったのかなと思いますね。投手としても失投ではなかったのではないかなと思いますね」と評した。

8回は代打に送った北村が3点適時二塁打を放ち、勝利に貢献。指揮官は「3-2カウントまで持っていったところにね、いい結果が出たのではないかと思いますね」と言った。