巨人パーラ守備妨害「近すぎる。勢いある」審判説明

  • 炭谷の遊ゴロで二塁へ滑りこんだパーラ(左)は、高津監督のリクエストにより守備妨害と判定される。右は二塁手山田哲(撮影・前田充)

<巨人2-3ヤクルト>◇12日◇ほっともっと神戸

巨人ヘラルド・パーラ外野手が、二塁ベースへのスライディングを守備妨害と判定され、同点のチャンスを逃した。1点を追う6回1死一、三塁、炭谷の遊ゴロで二塁へ激しいスライディング。二塁手の山田哲が大きく体勢を崩した。

併殺崩れで1度はスコアボードに1点が刻まれたが、ヤクルト高津監督がリクエスト。守備妨害と判定され、打者走者の炭谷もアウトを宣告された。責任審判の丹波三塁塁審は「(スライディングが山田に)近すぎる。あまりに勢いがあり、ベースを越えている」と説明。正しいスライディングとされる「ボナファイド・スライディング」ではないと判定した。

◆ボナファイド 英語でbona fideとは「正しい」の意味。ボナファイド・スライディングは「正しいスライディング」。スライディングは終了後、本塁を除いて、ベース上にとどまろうとすることが求められる。