オリックス田嶋6回2失点「もう少し大胆に」反省

  • 日本ハム対オリックス 6回裏日本ハム2死満塁、渡辺(右奥)に先制となる左前適時打を打たれるオリックス田嶋(撮影・佐藤翔太)

<日本ハム3-1オリックス>◇1日◇札幌ドーム

オリックス田嶋大樹投手(23)の力投は報われず、6回2失点で降板した。前半5回まで1番の松本に2安打を許しただけで、無失点の好投。だが味方打線も日本ハム・バーヘイゲンを打ちあぐね、援護は得られず。

6回1死から高浜、近藤の連打と失策などで満塁のピンチを招き、渡辺に三遊間を破られた。さらに横尾に押し出しの死球を与え、2点を失った。

田嶋は「調子自体もよかったですし、特に3回から5回は自分のやりたいフォームで投げられていたと思います。6回2失点で先発として最低限の役割を果たせたことはよかったと思いますが、6回の場面は慎重になりすぎてしまいました。先制点を許してしまったことは反省しなければいけません。失点を怖がらずにもう少し大胆に攻めていかなければいけなかったと思います」と振り返った。