田嶋を「勝たせないと」西村監督は打線に奮起促す

  • 日本ハム対オリックス 追加点を許しがっかりした様子のオリックス西村監督(中央)(撮影・佐藤翔太)

<日本ハム3-1オリックス>◇1日◇札幌ドーム

オリックス田嶋大樹投手が打線の援護なく、2敗目を喫した。

5回まで2安打無失点と力投。だが6回2死満塁で渡辺に三遊間を破られ、横尾には押し出しの死球で6回2失点で降板した。「6回の場面は慎重になりすぎてしまいました。失点を怖がらずにもう少し大胆に攻めていかなければいけなかったと思います」と悔やんだ。

それでも登板全7試合で好投を続け、防御率はチーム1位の2・62。西村監督は「勝たせないといけない。ずっとそういう内容で来てるわけですから」と打線の奮起を求めた。