ソフトバンク、楽天戦「スケジュール通りやりたい」

  • 練習前、距離をおいて円陣を組み工藤監督(左手前)の話を聞くソフトバンクナイン(撮影・梅根麻紀)
  • ソフトバンクが発表した2日に実施した1軍のPCR検査結果を伝えるプレスリリース

ソフトバンクのチーム全員約200人が2日に受検したPCR検査の結果が3日、判明した。同日夜、三笠杉彦取締役GM(46)がオンラインで会見し、30代の1軍スタッフ1人に陽性判定が出たと説明した。1日に2軍調整中だった長谷川勇也外野手(35)の新型コロナウイルス感染が発覚。翌2日の西武戦を中止とするとともに、チーム全員が検査を受検していた。選手との濃厚接触はないとの判断で、4日の楽天戦(楽天生命)開催については「スケジュール通りやりたい」意向だが、保健所などの指示を待つ段階だ。

   ◇   ◇   ◇

午後7時ごろに会見スタートというアナウンスから3時間遅れ、午後10時過ぎ、会見が始まった。三笠GMは検査結果について30代の1軍スタッフに陽性判定が出たことを明かした。この日に結果の出た1軍では監督、コーチ、選手、その他のスタッフ86名が陰性だった。スタッフは自宅待機しており、球団の調査で同スタッフと特に接触があったと判断した別のスタッフ2人も自宅待機している。1日に陽性判定の出た長谷川とは接触がなく、関連性がないとした。

チームの調査では陽性判定を受けたスタッフと濃厚接触した選手はおらず、同GMは「スケジュール通りにやりたい」意向で、楽天側にも状況を報告。4日の楽天戦へ向けて陰性と判定された首脳陣、選手は仙台へ移動した。ただし、濃厚接触者の特定など所轄保健所の指示を待っている段階でもあり「明確に影響がないと、我々の方ではまだ言い切れない」と説明した。

午前中には全体練習が行われた。西武戦の中止から一夜明け、ペイペイドームに集まった選手らには動揺の色はあまり見られず、約2時間をかけて打撃練習など通常通りのメニューをこなした。工藤監督は練習冒頭の円陣で「しっかり対策をしても感染してしまう可能性は完全になくせないかもしれないけど、(観戦防止対策の)意識は持っていないといけない。我々は健康に気をつけながらシーズンを戦いきることが最優先。明日からの試合、しっかり頑張っていきましょう」と選手を鼓舞した。

長谷川が直前までプレーしていた2軍は検査結果の判明が4日以降となるため、少なくともそれまでは活動休止。4~6日のウエスタン・リーグ広島戦(由宇)を中止。1軍はチームより先にファーム施設にある寮から通う1軍選手ら7人が緊急で同検査を受け、全員陰性と判定。1軍首脳陣、選手、スタッフについては、ファーム施設の利用者を経由した新型コロナウイルス感染の可能性はないと判断し、試合開催を信じて全体練習を実施した。