ヤクルト小川5年ぶり10勝、中日連勝4で止まる

  • ヤクルト対中日 6回裏ヤクルト1死一塁、塩見の左前二塁打で生還した山田哲(撮影・たえ見朱実)
  • ヤクルト対中日 2回裏、4失点する中日先発の松葉(撮影・たえ見朱実)

<ヤクルト9-5中日>◇24日◇神宮

ヤクルト小川、中日松葉の先発。ヤクルトは初回、塩見の遊ゴロの間に1点先制。2回にも山田哲、村上らの適時打で4点追加。

中日は4回、福田が5号2ラン。ヤクルトは4、5回に1点ずつ追加。6回も塩見、西浦の適時打で2点を追加。

ヤクルトは先発野手全員安打で連敗をストップ。小川が5年ぶりの10勝目。中日は連勝が4でストップ。松葉が7敗目。