「地獄の墓堀人」がR・レインズ救出、鐘の音で降臨

<WWE:ロウ大会>◇24日◇ワシントン州エバレット・エンゼル・オブ・ザ・ウインズ・アリーナ

「地獄の墓堀人」ジ・アンダーテイカーが、「ビッグドッグ」ローマン・レインズの救出に登場した。

因縁が続くシェイン・マクマホン、ドリュー・マッキンタイアと1対2のハンディキャップ戦に挑んだレインズがマッキンタイアの鉄製ステップ攻撃やクレイモア2発を浴びてダウン。さらにシェインがコースト・トゥ・コーストを狙おうとすると、急に会場が真っ暗に。鐘の音が鳴り響き、会場内が明るくなると、リングにはアンダーテイカーが降臨していた。

まずはチョークスラムでシェインをマットにたたきつけたアンダーテイカーは、マッキンタイアも殴り倒して場外へと蹴散らした。

最後は舌を出して首を斬る決めポーズを披露し、2人ににらみをきかせた。試合後、7月14日のPPV大会エクストリーム・ルールズ(ペンシルベニア州フィラデルフィア・ウェルズ・ファーゴ・センター)で、レインズとタッグを組み、シェイン、マッキンタイア組と対戦することが発表された。デッドマンとビッグドッグの共闘に注目が集まる。

その他の写真

  • ビッグブーツでマッキンタイア(左)を蹴散らすジ・アンダーテイカー  (C)2019WWE,Inc.AllRightsReserved