“止められた”柏木由紀「入館証」の作成を訴える

AKB48柏木由紀(28)が10日、東京ドームシティホールで全国ツアーチームB最終公演に出演し、会場入りするための「入館(入構)証」の作成を訴えた。

今月8日の14周年記念公演でAKB48劇場を訪れた際に、メンバーでありながら警備員に「入館証はありますか? 見せてください」と楽屋前で止められたことをツイッターでつづっていた。

この日の公演は午前10時開始で、会場入りも早朝とみられるが「今日は止められなかった!」とファンに報告しつつ「(8日は)ちなみにメークしていたのに止められた」と明かし、これまでも止められる経験が多いことから「入構証を作ってください!」と自虐的に訴えて、会場の笑いを誘った。

異例の早朝公演となったが「意外と健康的でいいですね」と元気にあいさつ。「皆さんもめっちゃ集中してくれているのに、ついついあくびが出てしまうおじさまが見える」とファンをいじりつつ、大家志津香(27)が「いつもなら寝ている時間」と話すと、柏木も「私も!」と同調していた。