乃木坂高山「宙に浮いた感じ」小説デビュー作ヒット

乃木坂46高山一実(25)が19日、デビュー小説「トラペジウム」が「平成生まれが買った本」1位(日本出版販売調べ)に選ばれたことを記念し、都内でトークイベントを行った。

同著は3月に20万部を突破し、19年上半期の文芸部門でもベストセラー3位を獲得した。デビュー作のヒットに「実感が湧かない。宙に浮いているような感じです」。メンバーからの反応をうれしそうに明かし、実写化についても「いくちゃん(生田絵梨花)から『スケジュール空けてあるから』って言われていて。そのイジリもうれしいです」と笑った。

その他の写真

  • イベントを開催した乃木坂46高山一実(撮影・遠藤尚子)