ブラザートムがマッチ観劇呼びかけ河合郁人大あわて

  • ミュージカル「天国の本屋」に出演する、左からブラザートム、河合郁人、井上小百合(撮影・横山慧)

A.B.C-Zの河合郁人(32)が17日、東京・よみうり大手町ホールで、主演ミュージカル「天国の本屋」の初日公演前に取材に応じた。

本格的なラブストーリーは初挑戦だという。相手役乃木坂46井上小百合(25)との共演について「お互い人見知りなので、最初はなかなか目も合わせなかったりしたんですけど、役的にも少しずつ仲が深まっていく2人なので、現実からの流れで演じられているかな、と前向きに考えています」と笑った。「やっぱり藤ケ谷とか、ラブストーリーうめーんだな、と思いました」と仲のいいKis-My-Ft2藤ケ谷太輔(32)をたたえた。

一方、井上は「初めましての方が多くて、最初はなかなか皆さんと話せなかったんですけど、クリスマスや年末年始を通じて、一致団結できてきたような気がします」と振り返った。河合から「俺がクリスマスに高いカステラ差し入れしたの知ってる?」と聞かれ、「知らないです。見てないです」と申し訳なさそうに答え、笑いを誘っていた。

河合は「初めてA.B.C-Zのメンバーには見てほしくない舞台かもしれないですね。自分がラブストーリーやっているところを見られたくないです」と苦笑い。「でも、もちろんジャニーズの先輩には見に来ていただきたいですね」と言うと、ブラザートム(63)が「近藤、来いって!」と、親交の深いジャニーズ事務所の“長男”近藤真彦(55)に呼びかけた。河合は「いやいや、上過ぎますって!」と大あわてで制止していた。