レディー・ガガ「子宮にようこそと」母親願望明かす

米歌手レディー・ガガ(34)が8日、米インスタイル誌のインタビューで「子供を持ち、母親になるのを心待ちにしている」と子作り願望を明かした。

今年初めにIT起業家のマイケル・ポランスキー氏との交際が発覚したガガは「体内に人間を宿し、育てることができる。そして生まれてきたら、子供を生かし続けることが仕事になるのよ。とても面白い。私の家ではたくさんの人が毎日働いているけど、彼らが家に来た時はいつも”子宮にようこそ”と迎えているの」とガガ流の表現で母親になる夢を語っている。

俳優テイラー・キニーやエージェントのクリスチャン・カリーノ氏と婚約しながらも破局したガガが、ボランスキー氏との恋愛を成就させて母親になる日が来るのか注目される。

そんなガガは「結婚」もゴールのひとつと考えているようだが、「もっと音楽や映画をやりたいし、慈善活動も行っていきたい」と私生活以外でもやりたいことはたくさんあるという。

「線維筋痛症や神経因性疼(とう)痛の研究をサポートするための資金集めも行いたい」と自身と同じ病気の人たちの支援にも前向きだ。18日には最前線で新型コロナウイルスの治療に当たる医療関係者を支援するバーチャルコンサートを開催することを発表している。(ロサンゼルス=千歳香奈子)